Translate

2012年4月2日月曜日

アメーバブログで写真の不正使用発見の続き

amebaカスタマーサービスsupport@ameba.jpから回答が返ってきたのですが、amebaとしては、法規(プロパイダー責任制限法及びそのガイドライン)を守って処理するから必要書類を提出してほしいと、前回と同様に極貧困な、理解が出来ない回答がありました。

内容の転載禁止と言うことで、ここでは記載しませんが、

その返信として、以下に私の回答を記載しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


株式会社サイバーエージェントの
「Amebaカスタマーサービスです。」さんへ

aoliikaです。

本当に面倒くさい会社ですね!!!!

理解してくれと言われても、説明が極貧困で、とても理解出来ません。

Amebaでは、 facebookの様な考えを持っていないのかな?



facebookの著作権ポリシーhttps://www.facebook.com/legal/copyright.php?howto_report の内容、報告を提出するとどうなりますか。及び

facebookの知的所有物https://www.facebook.com/help/?page=211911528839661 の内容の知的所有権についてを読んでください!(と言っても、前回までのURL等も確認していないのではないでしょうか?)(本人からの削除要求だとわかると思いますが・・・・・)

著作権侵害を報告 https://www.facebook.com/help/contact_us.php?id=208282075858952 の中の著作権項目で必要事項を記入するだけで迅速に対処してくれます。

Amebaでは なぜできないのでしょうかね・・・・・?


被害者としては facebook の方が迅速かつ合理的に思えて仕方が有りません。
見ず知らずの相手(担当者が名前すら名乗らない!)に、権利者の確認書類として、 印鑑証明または、各種身分証明書のコピーなんて手渡すのは恐ろしくて仕方が有りません 。(特に、今回のように対応が悪い場合にはなおさらですよ!)



それと、該当の削除要求の作品が、「侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書」を提出後、法令に基づいての作業で処理の日数が掛かるのは、いかがなものか?
その処置が終わるまでの間に、二次・三次の利用された場合、著作者としては、再度同じ作業を行わなければならない。
Amebaが対応してくれるのか?(しないでしょ?)
それだったら、削除依頼を受けたら暫定停止ぐらいは作業しても良いのではないのでしょうか?

再度言います。
「理解してくれと言われても、説明が極貧困で、とても理解出来ません!」

※私の書いた本メールは、この後、私のブログに掲載する予定です。http://aoriikaphoto.blogspot.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上を返信しましたが。

とにかく、面倒くさいのが嫌いな私なのですが、納得出来ない回答に、amebaカスタマーサービスに、すごく不信感が増大しています。
おそらく他の依頼に対しても、こういう不信感を持たせる対応なんでしょうね。
以前の、盗作で、対処してくれたBigStockCanStockFotoliaは、対応は良かったですよ(担当も名乗るし)有る程度の信用できますね。
今回の場合、私のハンドルネームで削除要求をしたのですが、それが悪かったのか?BigStockCanStockFotoliaは、ハンドルネームでも対応してくれたのになぁ~

参考 Copyright! Copyright! Copyright!
参考 Panoramio日本語フォーラム自分の写真がCanStockPhot売られていました

/div>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  人気ブログランキングへ
 FC2 Blog Ranking

当ページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。

(c)2010 http://aoriikaphoto.blogspot.jp/. ALL Rights Reserved.