Translate

2012年11月29日木曜日

中国製三脚 KANTON KT-3016 の修理

少し前、知人から、中国製のカーボン製の三脚がある、「個人輸入するから、一緒に購入するか?」と聞かれて、二つ返事で購入依頼。
数日経過後に手元に届いた。
価格は、\10,000-。
安いかどうかは疑問だが、とにかく使ってみた。
軽いのは軽い。
各脚の間にブレスが無いので、設置したときには、全開にしておかないと不安定。
雲台にレバー欲しいなぁ~(^_^;)
と思いつつ、しばらく使っていると、伸縮式の脚を延ばした時、三段目シャフトが、いきなり
ズボッ!!
っと抜けてしまった。
最初、
何事!?
っと慌てたのだが、落ち着いて見てみると、二段目シャフトの下に付いている留め具が接着不良で
抜けた物と理解した。
野外での出来事で、中のテフロン製ストッパーが何処かへ飛んで行ってしまい、10分ほど探し回った末にやっと発見。
このストッパーを紛失するとやっかいな事になりそうだ。
部品として中国から取り寄せ?
高くつきそうだ・・・・・・というか、部品が出るのか????
その場は、仮復旧でなんとか収まり、その後、何度か何事も無く使用出来ていた。
しかし、ここ数回、同じ事が頻発してきたので、やっと修理する気に・・・・・・・
まあ、修理と言っても、外して接着剤で固定という簡単な作業なのですが、とりあえず記録として記事にしておきます。


中国製 三脚
KANTON
KT-3016

雲台に
KANTON のロゴが・・・・

外した写真
上の写真は、このままの状態で抜けてしまいました
本当は、ダメな状態です。
下の写真は、白いふたつのストッパーを外した状態
このテフロン製のストッパーは不用意に抜けた場合、
紛失しやすいので注意!!

受側の接着剤が、足りないのでしょうか?
剥がれて閉まっています。
明らかに、製品不良ですね。

パーツを外して並べた写真

並びが逆ですが
左の写真はねじ込みアウター
中央の写真は、テフロン製のリング
右側の写真はねじ込みインナー
インナーが上野シャフトに接着剤で固定されます。

アウターにテフロンリングを入れた写真

左がねじ込みインナー
右がねじ込みアウター

インナーを二段目シャフトに接着して
三段目シャフトに挿入する時に、
このスリットを三段目シャフト内側の
ガイドに合わせる事。

三段目シャフト内側ガイド

このように挿入


ここまで、5分も有れば終わる作業です。
修理完了!!

三脚付属のソフトケースに入れて終わり
と思いたが、ふとケースの内側を見ると、ジッパーの付いた小さなポケットに気が付いた。
無頓着な性格の私は、今まで気づかなかった。(^_^;)
何だろうと開けて見ると、取り扱い説明書と六角レンチ!!

取り扱い説明書と六角レンチ

中国語!!
わからない(>_<)

せっかくだから、おまけの工具で増し締め(^o^)

収納!(^^)!

今回使った接着剤
ボンドウルトラ他用途SU



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 FC2 Blog Ranking
当ページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。

(c)2010 http://aoriikaphoto.blogspot.jp ALL Rights Reserved.