Translate

2013年3月14日木曜日

事故の衝撃

第二京阪を京都に向かっていた時、反対側の大阪向き車線でトラック同士の追突事故を見た。
路肩に停車していたと思われる大型トラックに、4トントラックが追突したもので、状況から推測すると、おそらく居眠りか、脇見でノーブレーキで突っ込んだようだ。




4トントラックのキャビンの潰れ方と、衝撃で吹き飛んだ部品を見ると、ぶつかった時のエネルギーの大きさに驚く。
側壁の一枚のパネルを約1.5メートルと推測して追突したトラックと部品の間のパネルの数は30枚前後、45~50メートルと思う。
これだけの距離を飛ぶと言う事は、衝撃の強さは、相当な物だと思う。

追突したトラックと吹き飛んだ部品の距離

呆然とする追突されたオペレーター

消防隊が追突された4トントラックのキャビンの前で見守る

同上

追突された大型トラックの荷台が
追突した4トントラックのキャビン後方まで食い込んでいる

オペレーターは、無事のようだが、
挟まれて閉じこめられている様子
キャビン助手席側は原型が無い

ドアは、形をとどめているが、キャビンは変形が著しい
追突の仕方とキャビンの破壊の状況を見ると、改めて事故の恐ろしさを痛感する。
せめて、この追突した4トントラックの助手席に、人が座って居なかった事を祈る。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 FC2 Blog Ranking

当ページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。

(c)2010 http://aoriikaphoto.blogspot.jp ALL Rights Reserved.



>