Translate

2014年2月14日金曜日

Cyber-shot DSC-WX200 イメージセンサーを清掃

購入後約半年のSONY Cyber-shot DSC-WX200 (Cyber-shot )の撮影画像に多数の塵が映り込むようになった。
忙しい時期なので、仕方なく、別のコンデジSONY Cyber-shot DSC-HX50V を購入し、しのいでいた。
しのいでいたと言っても、実質グレードアップしたので、楽しく使っているが。。。。

少々時間が出来たので、DSC-WX200のイメージセンサーを清掃して見ることにした。
以前、購入先の家電量販店で、大まかな分解清掃の価格を聞いたとき、購入価格に近い12000円と聞いて、あきらめていたのだが。。。

さて、コイツが、今回のブツです。
SONY Cyber-shot DSC-WX200
今回の作業で使用した道具。
ホームセンターで購入した精密ドライバーセット。
使用するのは、№00のプラスビット。


№00のプラスビット
 ケースのビスをはずします。
底面2箇所

側面1箇所

側面2箇所

レンズ側の側面ビス2本だけ短いものを使用している。

ケース組み立てビス
 ここまではずして、気が付いた。
USB差し込み口にもビスが隠れていた(^^;)

ビス取り外し
 ケースをはずし、レンズ側ユニットとモニター側ユニットを接続しているコネクター(ジョイント)を抜く。
ケーブルを傷つけないように
 レンズ側ユニットの裏面に貼ってあるアルミシートを新調にはがす。

大まかなパーツが分離出来た。

 レンズとイメージセンサーを、組み付けビス3本をはずして分離。

 イメージセンサーが分離出来ました。
肉眼でも、塵の付着が確認出来ます。
イメージセンサー
 拡大すると、驚くほど塵が付着していることに驚愕(>_<)
イメージセンサー清掃前

イメージセンサー清掃前
 エアーと麺棒で掃除したのですが、こんな物かな?って程度でセンサーの掃除終了。
イメージセンサー清掃b後
 次は、レンズ。
センサーに一番近いレンズも、そこそこ汚れています。
レンズ
 拡大します。
やはり、塵がいっぱい(>_<)
レンズ センサー面清掃前

レンズユニット清掃前

レンズ 反センサー清掃前

レンズ 清掃後
 イメージセンサーとレンズの清掃が終わり、組み上げてテストです。
イメージセンサーとレンズ清掃前

イメージセンサーとレンズ清掃後
 清掃前と清掃後の結果を比較すると、おおかたの塵は、除去出来たようだが、まだ少し残っているようだ。
それと、センサーに付着した塵を長期放置していたため、若干のシミ跡が結果に出ているようにも感じる。
素人が行う作業だから、こんな程度かな?
適当な、スナップには使用出来るだろう。。。。。。。。

と、結果に満足しながら、作業シートの上に視線を移すと、ビスが1本残っている。。。。。



何処のビスだろう????
考えても解らない(^^;)
まあ、いいか。
元の形に戻って、、写せているのだから(^o^)


それにしても、小生の使用方法が間違えているのか、センサーまで塵が入り込む構造は、閉口します。
メーカーも、少し考えてくれれば有り難いのだが。。。。。



にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ
 FC2 Blog Ranking

当ページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。 (c)2010 http://aoriikaphoto.blogspot.jp/. ALL Rights Reserved.